このフレーズ知ってる?「芸能人は歯が命」について解説します。

「芸能人は歯が命」というフレーズを使用し話題となったCM、みなさんご存知でしょうか?

このフレーズは1995年から放送された、「アパガード」という歯磨き粉のテレビCMがきっかけで流行語大賞にも選ばれた名言です。

「芸能人は歯が命」とは


「アパガード」は1985年、サンギ社から高機能な歯磨き粉として発売された商品です。
1995年からは東幹久さんと高岡早紀さん出演のバージョンが、1997年には新シリーズとして諸星和己さんと藤原紀香さんバージョンも放送されていました。

「芸能人は歯が命」のCM製作費は10億円とも言われていますが。
かなりのお金をかけたこちらのCMですが、「アパガード」はこのCMが大流行したこともあり、大ヒットをしました。

  • 放映から1週間で1年分の在庫約30万本が完売
  • 1996年のサンギ社の年間売り上げは140億円に達するほど大ヒット

「芸能人は歯が命」という言葉から、自分も芸能人のような白い歯になりたいと思う人が多かったのでしょう。

さらに、実はこのキャッチコピー、当初は「芸能人は歯が白い」というコピーだったそうです。
「芸能人でも歯が白くない人もいる」という東京都の薬事監視指導を受け他ことにより「芸能人は歯が命」に変更されたそうです。

現在サンギ社は、リン酸カルシウムの一種で、歯と骨の主成分である「ハイドロキシアパタイト」の応用研究、開発を軸にアパタイトカンパニーとして事業を展開しており、1985年の発売以来、アパガードは35年以上販売を続けるロングセラーとなっています。

 

まとめ


芸能人のみなさんは歯を意識して綺麗に保っている方が多いですよね。
「アパガード」のCMに出演していた東幹久さんは、20年以上経ってからも、オーラルケア商品『フラックス』のCMに起用をされるなど、綺麗な歯を保ち続けているそうです。

芸能人でなくても、綺麗な見た目を保つにあたって、歯が命であることは変わりません。
歯のことでお困りごとがあれば、TOYO歯科クリニックまでお気軽にご相談ください。

みなさまからの歯に関するご相談をお待ちしております。

参考:アパガードの誕生秘話とその変遷(リンク切れ)