歯ぎしりとは。原因や悪影響をご紹介。

みなさん、こんにちは。

朝起きたら、なぜか顎が疲れているように感じる。
そんな風に感じられることがある場合は、もしかすると、眠っている時の歯ぎしりをしているかもしれません。

日本人の70%の方が歯ぎしりを経験していて、多くの人が自覚していないことが分かってきました。

今回はそんな歯ぎしりについて説明します。

歯ぎしりとは

歯ぎしりには、大きく分けて2つの種類があります。

グラインディング

歯ぎしりの中でも最もたくさんの人にみられるのが「グラインディング」と呼ばれるものです。

これはギリギリと歯を擦り合わせる最も一般的で頻度の多い歯ぎしりで、回りの方に気づいてもらえることが多いものです。

眠っている時に起こることが多いようですが、起きている時にしている人も少ながらずいるようです。
ただし、実際には音のしない歯ぎしりをする人もいるため気づかないことも多いようです。

上下の歯を強く噛んだ状態で横に滑らせこすり合わせる動きをいい、最も歯にダメージを与える歯ぎしりで、歯の削れが大きく歯が擦り減って平らになるという特徴がみられます。

クレンチング

クレンチングは、食いしばりとか咬みしめとも言われています。

グラインディングと違い横にこすり合わせることはなく、上下の歯をぐっと強い力で噛みこむことをいいます。

日中、力仕事の時に食いしばるように、寝ている時も同じように力が入ってしまう症状で、音が出ないために自分で自覚している方はほとんどいないと言われています。

よく見ると、クレンチングをしている人は頬の筋肉に力が入るため堅く膨らんで見えることがあります。

人は、1日の中で食事や話すことで上下の歯を咬み合わせるという行動は必然的に行っていますが、実際のところ上下の歯が咬み合っている時間は実質わずか5分から長くても20分程度といわれます。

普段無意識の時などは上下の歯はくっついているわけではなく少し隙間がありますね。これを安静位空隙といいます。

クレンチングがある人は、この20分の時間が大幅に増えさらに強い力が加えられていることになりますので、歯への負担が大きいと言えるでしょう。

 

歯ぎしりの原因とは


アルコールや喫煙

歯ぎしりは、浅い睡眠の時に起こると言われています。
人は寝ている際に、【ノンレム睡眠(深い睡眠)】と【レム睡眠(浅い睡眠)】が交互に繰り返しています。

アルコールや喫煙は、睡眠を浅くする原因。
頻繁に喫煙をしたり、夜はお酒を飲まないと眠れなかったりという方もいると思いますが、それらにより睡眠の質は低下し、浅い睡眠となっている場合があるので注意が必要です。

ストレス

歯ぎしりの原因は明確には解明されておりませんが、現在最も原因として考えられているのが「ストレス」と言われています。
人間は強いストレスを感じると交感神経が高まり、震えたり、力が入ったりします。
歯ぎしりもこうしたストレスによる体の反応の一つと考えられるそうです。

逆流性食道炎

「逆流性食道炎」という病気の際にも歯ぎしりが起こる場合があると言われています。
逆流性食道炎は強い酸性の胃液が食堂へ逆流し食堂が炎症する症状です。
「胸やけ」「胸の痛み」などの症状が現れます。

口の中が胃酸で酸性に傾くため、唾液を分泌させて元の中性に戻そうとします。
この唾液を分泌するために歯ぎしりを起こしてしまうのです。

噛み合わせ

噛み合わせが良くない場合にも歯ぎしりが起こりやすいと言われています。
噛み合わせたときに、特定の歯だけが強く接触していたり、
詰め物・被せ物が高過ぎてぶつかっていたりすると歯ぎしりの原因となることがあります。

歯ぎしりは睡眠の質にも影響があると言われていますので、噛み合わせを直す治療をすることをおすすめします。

歯ぎしりによる悪影響


歯ぎしりが歯周病に及ぼす影響

歯ぎしり自体は歯周病の直接の原因とはなりません。歯周病の直接的な原因はプラークですが、すでに歯周病を発症している場合は、歯ぎしりによって歯周病の進行が加速することがわかっています。

歯ぎしりが顎関節症に及ぼす影響

歯ぎしりをするときに上下の歯にかかる力は、通常の食事の際の力に比べて非常に強いため、顎関節にかかる負担が大きくなります。これが、顎関節症の原因になることがあります。

歯ぎしりとインプラント

歯ぎしりはインプラントにとっても危険です。インプラントが骨と結合している最中に、歯ぎしりによりインプラントに強い力がかかると、インプラントが脱落することがあります。
また、インプラントに装着する被せ物(セラミックなど)が欠けたり、ネジが緩みが生じたりする原因となります。
インプラントや被せ物への負担を軽減するため、インプラント治療後は、就寝時にマウスピースを装着することがあります。

 

まとめ


いかがでしたでしょうか?

自宅できる歯ぎしりの治し方についても過去の記事でご紹介しています。

普段の生活習慣からを整えることで、歯ぎしりを治せることは多いですが、噛み合わせの問題など、歯科医院でなければ治せない問題が起きている場合もありますので、気になる方は是非ご相談ください。

参考
朝、あごが疲れている、首や肩が疲れている。その原因は【歯ぎしり】かもしれません。
歯ぎしりの原因はストレス?~対策と治療法~