マウスピース矯正(インビザライン)のメリット・デメリットをまとめました。

みなさん、こんにちは。

今回はマウスピース矯正(インビザライン)という歯科矯正方法について解説していきます。

マウスピース矯正(インビザライン)とは


マウスピース矯正とは、ワイヤーやブラケットなどの金属は一切使用せず、透明なマウスピースを交換しながら歯並びを整える歯列矯正です。

これまでワイヤーやブラケットの見た目がネックとなり、矯正治療に抵抗があった方も、マウスピース矯正であれば見た目の問題が解消され、取り組みやすいと感じられるのではないでしょうか。

 

マウスピース矯正(インビザライン)のメリット


まず、メリットとして透明なマウスピースは人に気付かれにくいという特徴があります。
人前に出ることの多い職業の方や、多感な時期のお子さんの中には矯正が目立つのを避けたいという方もたくさんいらっしゃると思います。目立つことなく歯の治療を行うことができるのは魅力的ですよね。

さらに、マウスピース矯正は取り外しが可能です。歯磨きの際も磨きやすく、食事もストレスなく楽しむことができたり、マウスピースを交換するだけという治療方法なので通院頻度も少なくて済む場合も非常に多いです。

 

マウスピース矯正(インビザライン)のデメリット


取り外し可能なのがマウスピース矯正の特徴ですが、1日20時間以上使う必要があり、決められた時間使用しなければ、動いた歯が戻ってしまい、期間が必要以上に伸びてしまったりすることもあります。
専門医のアドバイスに従って、決められた時間の使用・交換を行う必要があります。

さらに、複雑な歯並びや、骨格的に大きなズレがある場合などには対応が難しいこともあります。金属ブラケットの方が治るまでの時間や費用を抑えられる場合も。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

マウスピース矯正は、事前にしっかりと精査を行う必要がありますので、専門性の高い医師へのご相談が必要です。
興味のある方はまずお気軽にご相談ください。