親知らずを抜歯した方が良い場合とは

親知らず 抜歯

みなさん、こんにちは。
突然ですが、親知らずについて詳しくご存知ですか?

親知らずといえば、歯の中でも特に問題になりやすい歯という印象のある方も多いのではないかと思います。
親知らずは正常に生えている場合は抜かなくても問題のない歯ですが、生え方によっては、入院しなくてはいけないほどの症状になる場合があります。

そこで、今回はそんな『親知らずを抜いたほうがいい場合とはどのような場合か』についてご紹介いたします。

親知らずとは


親知らずの正式名称は第三大臼歯といいます。
歯は、前歯の中心から数えて、2番目までを切歯、3番目を犬歯、4,5番目を小臼歯、6~8番目を大臼歯と呼びます。 上顎にある親知らずは上顎第三大臼歯のことで、下顎にある親知らずは下顎第三大臼歯のことです。

20代前後に生えてくる最も後ろの奥歯のことで、永久歯のなかで一番最後に生えてきます。
永久歯は通常15歳前後で生え終わるのですが、親知らずは20代前になってから生えてくることが多いため、平均寿命が短かった時代には親が亡くなってから生えてくる歯だったためにこの名前が付けられたと言われています。

親知らずの本数には個人差があります。
通常は上顎の左右に2本、下顎の左右に2本の合計4本ありますが、もともと親知らずがない人、4本未満の人など様々です。

 

親知らずはなぜ痛くなるのか


親知らずは、真っ直ぐ生えてくる場合であったり、横向きに生えてくる場合であったり、人によって歯の生え方に違いが出ます。

親知らずの痛みの原因は「本来生えない場所に歯が生えることで、周囲の歯や骨、歯茎を圧迫するから」なのではないかと考えるている人も多いと思います。

そのような理由で痛むことももちろんありますが、実際にはそれほど多くありません。

親知らずの痛みの原因の多くは「親知らずが生えることによって生じる歯周トラブル」がほとんどと言われています。

親知らずを放置するとどうなるのか


親知らずが正常に生えて機能している場合には放置していても問題ありません。

もし、親知らずが横向きに生えてきていたり、埋まっている親知らずを放置した場合には、下記のような症状が出る場合がありますので注意が必要です。

  • 手前の歯を溶かす
  • 歯並びを悪くする
  • 痛みや腫れが出てくる
  • 嚢胞や腫瘍の原因になる場合がある

親知らずを抜歯した方がよい場合


親知らず周辺の歯茎が腫れている・痛みを持っている

すでに炎症などのトラブルが起きている場合は、すぐに歯科医院で治療を受けた方がいいでしょう。

 

曲がって生えている・歯茎に半分埋まっている

もし、親知らずが曲がって生えていたり、歯茎に半分埋まっている場合、歯ブラシが届きにくくなります。
汚れがたまって虫歯になってしまったり、歯茎が腫れてしまったりするトラブルに繋がる場合が多く見られますので注意が必要です。

 

親知らずが噛み合っていない

親知らずはかみ合わなければどんどん延びていきます。延びてくると向かいの歯ぐきや頬の粘膜を噛むようになり、痛みを引き起こします。
顎関節症の原因となる場合もありますので注意が必要です。

 

まとめ


いかがでしょうか。今回紹介した症状に心当たりはありませんでしたか?
もし、心配だなと感じられる場合は、西新宿歯科TOYOクリニックまで是非一度お気軽にご相談ください。

歯のご相談、ご予約はこちらからお願いいたします。
TEL:03-5324-6789
Web予約:http://toyodentclinic.com/

参考:親知らずの抜歯について