2016年11月1日

歯周病 治療方針

歯周病とは、歯の周りの歯ぐき(歯肉)や、歯を支える骨などが破壊される病気で、 かつては歯槽膿漏と言われていました。

歯と歯ぐきの境目(歯周ポケット)に細菌が入り、歯肉が炎症を起こし赤く腫れて、ブラッシング時に出血します。

しかし、痛みは全くありません。さらに進行すると、歯肉の中にある歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けて、膿が出たり歯がグラグラしたりしてきます。

この時期になると、やっと痛みや腫れを伴います。そして、最後には歯が抜けてしまいます。

その理由として、初期の段階では虫歯のように歯に穴があいたり、痛くなったりと言ったはっきりとした症状が現れにくく、 かなり進行しないと、痛みや腫れという自覚症状が現れないからです。

一生自分の歯で噛むためには、むし歯の予防と同時に歯周病の予防と適切な治療が大切なのです。

治療は超音波による歯石除去から、歯ブラシの方法や生活習慣病のアドバイスまで、様々な原因に合わせた治療を行います。

重度の場合は、外科的な治療や再生療法を行います。