2016年11月1日

診察内容 矯正歯科

矯正専門のドクターによる専門的な 大学の矯正科や矯正専門医との協力体制のもと、より先進的な矯正 治療を提供しております。 不正咬合の予防、治療による疼痛の軽減、装置審美性の改善、治療期間の短縮に努めております。 歯を抜くかどうか、装置の見た目などで今まで矯正治療をお悩みの方やセカンドオピニオンをご希望される方もお気軽にご相談下さい。

矯正治療では、少しずつ歯に力を加え、周囲の骨の代謝を活性化させて、歯を移動します。 歯の周囲の組織の状況にもよりますが、矯正治療は何歳でも可能です。 でこぼこや前歯の突出が大きい場合には、主に左右の第一小臼歯を抜いて、歯を並べます。 最終的に、歯を抜いたスペースは無くなり、上下の歯は緊密に咬むことが可能となります。 でこぼこが軽度な場合や顎骨の成長を促進可能な場合には、歯列を拡大して、抜歯を避けます。 矯正装置にもいろいろな種類がありますので、詳しくは歯科医師にお聞き下さい。

 

 Q&A

外科的矯正治療ってなに?

下顎前突症、下顎後退症、開咬症、上顎前突症、上顎後退症、顔面非対称症例などの顎変形症患者において、機能ならびに審美的障害に対する治療法として外科 的矯正治療が行われます。外科手術をともなう矯正には、保険が利きます。 基本的には、治療方針に沿って、術前矯正治療後に顎矯正手術が行われます。どのような術式を選択するかは、側面・正面エックス線規格写真や顔貌写真、CT 画像、歯列模型などを用いて変形の部位と程度を評価し、患者様自身の訴え(どこがどのようになればよいと考えるか)を解消できるように口腔外科と話し合い を行い、治療計画を立てます。ただい、術前矯正治療の結果によっては、移動方向や移動量に修正が必要となるため、術前に口腔外科との話し合いにより術式の 検討を再度行います。 手術後、約1ヶ月後から、術後矯正が開始され、キレイな歯並びになったら、保定装置を装着しあと戻りするのを防ぎます。

 

矯正治療はいつからはじめたらいいの?

答えは「いつでもどうぞ」。 学校の健康診断で不正咬合を指摘された時―、自分で鏡を見ておかしいなと気づいた時―。矯正治療に年齢制限はありません。歯並びや、かみ合わせに疑問を 持ったとき、その時が矯正歯科に行く、一番良い時なのです。ただし、その時がどういう時期かによって、治療法はまったく異なります。

乳歯列期から始める治療

乳歯列期から治療を開始することは、長期的に通院しなければならず、肉体的にも精神的にも負担が大きいこともあります。しかし、舌を突き出す癖や指しゃぶ りがやめられないなど、将来的にかみ合わせに悪い影響が出そうな癖がある場合に、それらを改善するアドバイスを受けます。通院は、半年~1年に1度、経過 を観察する治療が多いこともあります。ただし、症状によってはこの時期に治療を開始しなければならないものもあります。

混合歯列期から始める治療

顎骨の成長する時期ですので、骨格の改善が必要な場合は治療を開始します。反対咬合(下顎前突症)や出歯(上顎前突)の改善、永久歯が生えるスペースを確 保するなどの治療が多く、この時期に行う治療を「1期治療」と言います。1期治療のみで治療終了となる患者様もいれば、その後すべて永久歯に変わるまでの 間、経過観察を続け、永久歯列期に本格的な矯正治療(2期治療)を開始する人もいます。1期治療をすることによって、2期治療が短期間で終了する場合や、 2期治療を効果的に行うこともあります。

永久歯列期から始める治療

この時期以降は、顎骨の成長も落ち着いてきて、骨格の改善を積極的に治療することは難しくなることもあります。反面、歯の移動計画を立てやすくすることも事実です。精神面でも容貌が気にかかるようになり、自主的に矯正治療に取り組む人が多くなります。

成人してから始める治療

親知らずが生えてきたり、虫歯や歯周病で歯を失ったりすることが、それまで気にならなかった歯列に影響を及ぼしてくる場合があります。矯正治療のメリット・デメリットを自分自身で理解して治療を始めるので、治療は比較的スムーズに進みます。

 

Q.虫歯があったら、矯正治療できないの?

基本的には、矯正治療前に虫歯の治療をしていただくことになります。小さな虫歯であれば、矯正装置をつけながらでも治療が可能です。 矯正の診断結果によっては、歯を抜く場合もありますし虫歯の治療法も若干変わってくることがあります。そのため、矯正治療をお考えで現在、お痛みのある歯がなければ先に矯正の相談を受けることをお勧めいたします。 また、現在歯にかぶせてある冠や詰め物は、現在の歯並びに合わせて作られていますので、矯正治療の途中あるいは終了後に作り直さなくてはいけないこともありますので、まずはご相談下さい。

Q.歯磨きはどうするのですか?

矯正装置がついていると、今までの歯ブラシの仕方では汚れがなかなかとれません。 歯ブラシの仕方につきましては、装置を装着した時にご指導します。矯正装置に使いやすい特殊な歯ブラシを使っていただく場合もあります。 また、なかなか歯磨きが上手にできない場合には、治療日に担当医や衛生士さんと歯磨きの練習を行うこともあります。

Q.矯正治療中、スポーツや音楽は可能ですか?

基本的には大丈夫です。もしラグビーなどの激しいスポーツをされる方は、口を切ってしまうことがありますが、矯正用のマウスガードがありますので装着していただいても大丈夫です。 また、歌を歌う方については舌側の装置は避けた方がいいかもしれません。吹奏楽器についてもほぼ大丈夫です。特殊な楽器の場合にはご相談ください。

Q.妊娠中に治療していいの?治療途中で妊娠しても大丈夫?

基本的に妊娠している方の矯正治療は可能ですが、レントゲンや麻酔を必要とする場合がありますので、担当医に相談しましょう。ただし、つわり時期の歯磨きが疎かになったり、通院が大変になったりしますので、できれば時期をずらす方が無難です。

Q.途中で装置を無くしたり、合わなくなったら?

再度、お口の型どりをして、装置を再製作します。治療前に虫歯の治療をしておいてください。

Q.目立たない装置はあるの?

矯正装置というと、目立つ・格好悪いなどのイメージがありましたが、現在は、プラスチック製やセラミック製の目立たない装置やリンガル(裏側)装置、取り外し可能な透明な装置などがあり、他人に気づかれずに治療を進めることができ、心理的な負担はほとんどなくなりました。

Q.インビザライン治療が適応できない症例はありますか?

抜歯を必要とする症例で、犬歯の移動距離が長い症例や、臼歯の前方への移動(近心移動)が大きい症例では、インビザライン単独での治療が難しい場合があります。そのような場合には、固定式の装置を部分的に使用します。

Q.通常の矯正治療と比較して治療期間が長くなることは?

治療期間が長くなることはほとんどありません。固定式装置の方が早いと判断された場合には、患者様とご相談し、治療の一定時期に固定式装置を装着します。

Q.インプラント矯正についてスクリューを入れるのは痛いですか?

スクリューを入れるときには表面麻酔と浸潤麻酔を併用して行います。痛みはほとんどありません。

Q.スクリューを入れた後の痛みはどうですか?

ほとんどの場合痛みはありませんが、場合により術後に痛みが残る場合があります。痛みが予想される場合は痛み止めを処方します。

Q.どのくらいの期間、スクリューを入れておくのですか?

歯の移動の距離や本数にもよりますが、通常半年~1年くらいの間はインプラントを入れたままにします。

料金

治療方針