『入れ歯と新選組』
〜オモシロ歯ばなし

新選組副長、土方歳三は箱根にいた。
正しくは、箱根にいるのは、歳三の末裔の土方歳也さんだ。

冨士の麓、強羅の温泉宿でかつての空手仲間と、湯に浸かり、酒を酌み交わし、大声で歌を歌い、旧交をあたためている。

歳也さんは、たしかに写真で見る土方歳三によく似ている。
キリッとした切れ長の目と、意思の強そうな引き締まった口元が、そっくりだ。

楽しい宴は終わり、帰りの小田急線でサプライズは起きた。

「あ、入れ歯がない」。

心地よい二日酔いに仲間三人とビールを飲んでいた歳也さんが叫んだ。

「えっ?」「えっ?」「おいっ?」。

みんなで座席のまわり、床のあたりをさがしまわった。

ない。

「歳さん、口を開けてみろ」。

そう言って歳也の口の中をのぞきこんだのは、近藤さんだ。

「ない、飲みこんだか?」。

大騒ぎしているうちにロマンスカーは新宿駅に着いた。

届け出た土方さんの顔を、遺失物係が呆然と見ていた、ということです。

「うちに来れば、飲みこまない入れ歯をつくります」。
西新宿歯科TOYOクリニック汐見先生が大笑いして言った。