ストレスはお口の環境にも影響が!

西新宿歯科TOYOクリニックの豊永です。

ストレスが健康を害するというのは広く知られているところですが、
実は口腔環境にも大きな影響を与えます。

まずストレスがかかると交感神経が優位になり、
唾液の量が減少します。
みなさんも経験があると思いますが、
緊張すると口の中がカラカラになりますよね?
いわゆるそういう状態になります。

以前にも書いたとおり、
唾液には免疫物質が含まれており口の中を清潔に保つための
役割を持っています。
その唾液が通常よりも減ってしまいますから、
虫歯や歯周病が起こりやすくなってしまうというわけです。

ストレスのかからない生活をしましょうというのは簡単で、
でもなかなか難しいもの。

もしストレスが掛かっているなと思ったら、
歯磨きの回数を多くするなど、
口腔環境を改善するような努力をするとよいと思いますよ。

またお口がすっきりすれば
気分も少しは晴れやかになりそうですよね!