ブヨブヨした歯茎、歯槽膿漏の可能性があります

西新宿歯科TOYOクリニック院長の豊永です。

ご自身の歯茎を触ってみてください。
もし、ハリがなく柔らかい、ブヨブヨした感じがする、
そんな人はそのままにしておくと
「歯槽膿漏」に進行する可能性があります。

「歯槽膿漏」とは、歯茎が腫れてしまったり、膿んだり、
進行すると歯がグラグラと揺れ、
最終的には歯が抜けてしまうこともある怖い病気です。

歯槽膿漏になりやすい人は、遺伝的なものもありますが、、
甘いものが好きな人。
糖分の高い食べ物は歯垢の原因になり、
その歯垢が歯槽膿漏の要因になるためです。
また、ペットとのキスも、動物の口腔の雑菌をもらうことになるため、
感染リスクを高めます。

歯槽膿漏は初期症状で気付きにくく、
痛みなどを感じて「あれ?」と気付いた頃には
もうすでに進行が進んでいることも多いのです。

ですから、毎日の歯磨きと同時に「歯茎の状態」をチェックしてみてください。
歯ブラシに血がついていませんか?
ネバネバした膿が出ていませんか?
歯がグラグラしていませんか?

少しでも気になったら、
すぐに当院においでください。
歯と歯茎の状態をチェックさせていただきます。