にんにくの口臭を消す方法(食前・食事中・食後)

みなさん、こんにちは。

料理に風味やコクをプラスしてくれるにんにく。
ラーメン、餃子、ステーキなど美味しい料理に欠かせない調味料です。

ですが、にんにく料理を食べたあとに気になるのは、なんといってもあの強烈な臭い。
みなさんはどのようにケアをしていますか?
人と会う予定があるときは、エチケットとしてにんにく料理を控える方も多いのではないでしょうか。

そこで!
今回は、そんなにんにくの臭いの消し方をご紹介します。

 

にんにくの臭いの原因は?


にんにくの臭いの原因となっているのは「アリシン」という成分です。

にんにくにはアリインという物質が含まれており、アリイン自体に臭いはありませんが、
刻んだりすりおろしたりすると、アリナーゼという酵素と結びつき、アリシンという成分に変化します。

そのアリシンが体内で更に分解されてにんにく臭である「アリルメルカプタン」という成分が生まれ、悩める口臭に発展してしまうのです。

 

食前のにんにくの臭いのケア


■食前対策その1:緑茶を飲む

緑茶に含まれる、強い殺菌・消臭効果があると言われているカテキン。
カテキンには、にんにくの臭いを抑える働きがあります。
濃度が濃い緑茶にはより多くの茶カテキンが含まれていて口臭効果も強くなります。

ペットボトルのお茶でも効果はありますが、茶葉から淹れた緑茶の方が効果的です。

■食前対策その2:牛乳を飲む

にんにくに含まれるアリシンは、たんぱく質と結びつきやすい性質を持っています。
牛乳を飲むことでたんぱく質や脂質がアリシンを包み込んで臭いの元を抑えてくれます。
なかでもたんぱく質を多く含む、低脂肪乳の方が効果が高いと言われています。

 

食事中のにんにくの臭いのケア


■食事中対策その1:コーヒーを飲む

コーヒーに含まれるタンニンには、強い消臭効果があります。
さらに、高い抗酸化作用のあるポリフェノールが臭いのもととなるアリシンと結びついて分解・吸収し、臭いを抑えてくれます。
タンニンが多いアメリカンコーヒーを飲むのが特に効果的と言われています。

■食事中対策その2:チーズを食べる

牛乳と同じ乳製品のチーズにも、豊富なたんぱく質が含まれています。
にんにく料理を食べているときは、チーズを一緒に食べることによってアリシンの働きを食い止めて、体の中にこもる臭いを和らげてくれる効果があると言われています。

 

食後のにんにくの臭いのケア


■食後対策その1:リンゴを食べる

リンゴに含まれるポリフェノールとカテキン(エピカテキン)の働きにより、食後に残るにんにくの臭いを和らげてくれます。
両成分とも、果肉より皮に多く含まれているので、皮付きで食べるのがオススメです。

■食後対策その2:チョコレートを食べる

りんごにも含まれているポリフェノールはチョコレートに含まれており、チョコレートを食べることで口と体の中に残ったにんにく臭を抑えてくれます。
気軽に購入してすぐに食べることのできるチョコレートですが、食後に食べれば嫌な臭いが気になりにくくなります。

■食後対策その3:ウーロン茶を飲む

にんにくに含まれるアリシンが体の中に取り込まれ分解されると「アリルメチルスルフィド」という物質に変化します。
その「アリルメチルスルフィド」が、あの強い口臭を生み出してしまうんです。

食後にウーロン茶を飲むと、この成分を取り除いてくれると言われています。

 

まとめ


いかがでしたでしょうか?

口臭ケアはコンビニやスーパーで買えるものでも対処可能です。

また、念入りに歯みがきをして口の中に残ったアリシンを取り除くことでも効果があります。
舌の表面に張り付いた極小の食べかすは見逃しやすいポイントですので、歯と一緒に舌も磨くのがおすすめです。

もし、にんにくを食べていないにも関わらず、口臭が気になるという方はむし歯や他の原因があるかもしれません。
お気軽にTOYOクリニックまでご相談ください。

参考:これで安心!にんにくの口臭を消す方法(食前・食事中・食後) / 五反田エヌ・エイ歯科