噛むことが困難な方の食事も進化してるらしいです

西新宿歯科TOYOクリニックの豊永です。

先日、最新の介護食のお話を聞く機会がありました。
なんでも、見た目はお肉でも野菜(固いれんこんやごぼうなども)普通の煮物なのに
口に入れると、舌で軽く押しただけで潰れるほどやわらかいんだそうです。

従来は噛む力が弱まった方などのお食事は、
「ミキサー食」「きざみ食」などと呼ばれる
食材を細かくした状態が一般的でした。
もちろん、食材はすでに細かくなっていますから、
見た目はスムージーのようなものだったり、ムースのようなものだったりが主流でした。

しかし、最近はにんじんでも、お魚でも見た目の形状を保ったまま、
酵素の力でやわらかくした食事が出てきているそうです。

とはいえ、美味しいと感じるのは味、見た目はもちろんですが、
カリっとか、ふわっとか、サクっとか
そういう「食感」を楽しむことも非常に大事だと思います。

いくつになっても「噛める」ご自分でいるためにも、
日頃の口腔ケアを大事にしてくださいね!

そのためには、定期的な検診が効果的です。
今月まで100円検診を行なっていますので、ぜひ当院にお立ち寄りください。