妊婦さんの歯磨きのコツを教えます

西新宿歯科TOYOクリニックの豊永です。

昨日に引き続き、妊婦さんに関連したお話をさせていただきます。

妊娠中は口内環境は悪くなりやすいと言われています。
その理由は「つわり」。
歯ブラシを口にいれた瞬間に吐き気を催すという妊婦さんも多く、
通常よりも歯磨きの時間も短くなってしまうようです。

または吐いたときに口内が賛成に傾くため、
これも虫歯の要因につながります。

とはいえ、誰だって虫歯はさけたいところです。
ちょっとしたコツをお伝えしますので、
参考にしていただけると幸いです。

・下をむいて歯磨きする
喉の奥に唾液や歯磨きの泡がたまると吐き気を催しやすいので、
下をむいて磨くといいですよ

・奥から前に向かって歯ブラシを動かす
歯ブラシをゆっくりと奥から前に動かすと
歯ブラシが当たりずらくなり、吐き気がしないといいますよ

・体調のいい時間に磨く
つわりには波があると言いますね。気分がいい時間に磨けばいいですよ。
無理せず、丁寧に磨ける時間を選んでくださいね。

妊娠中も口内環境をよい状態に保てるように
私達にもお手伝いさせてくださいね!