成人の8割が歯の病気?!

歯医者嫌いの方にも、安心してきていただける歯医者を目指しています。

西新宿 歯科TOYOクリニック院長の豊永です。

 

さて、題名の通りですが、

日本人の成人の8割がかかっている、もしくは予備軍と言われている歯の病気があります。

何だと思いますか?

 

正解は、実は虫歯ではなく、歯周病なのです!

歯周病とは、歯磨きが不十分でプラーク(歯垢)が溜まりだすと、

中にひそむ歯周病菌が毒素を出し、歯ぐきやアゴの骨などの歯周組織を破壊する病気です。

ひどい場合には、歯を支える土台がなくなり、歯が抜け落ちることも…

また、歯周病は全身の健康にも悪影響を与えうる、ということが近年の研究で明らかになってきております。

 

歯磨きを丁寧にすることで、プラークが溜まることをかなり防げますが、それでもプラークはどうしても溜まってしまうもの。

定期的な歯医者受診が望ましいですね!