抜けた歯が難病治療に効く!?

西新宿歯科TOYOクリニック院長の豊永です。

今、歯に関係した非常に画期的な研究がされているそうです。

それは、親知らずなど抜けた歯から取り出す歯髄細胞が
これまで治療が難しかったアルツハイマーやパーキンソン病などの
難病の治療に効果がありそうだということ。

歯髄細胞を培養して注入することで、新しく神経を作り直す効果がある。
今までは細胞を活用した再生治療には骨髄バンク、臍帯血バンクなどがあったが
骨髄は採取時の体への負担が大きいし、、臍帯血は出産時しか採取できない。

それに比べると歯髄は負担が小さいうえ、何度も採取のチャンスがあるということで
注目されているそうです、

歯にこんな可能性がまだ眠っていたなんて!
歯科医師としては非常にワクワクしてしまったニュースでした。