歯ぎしりを直したい!歯ぎしりを自宅で改善する3つの方法。

みなさん、こんにちは。

ご家族と一緒に住んでいたり、誰かと旅行などをされる方はできる限り歯ぎしりで迷惑かけたくないなと思っているのではないでしょうか。

歯ぎしりは、周りの人の睡眠の妨げになるだけでなく、歯の健康にも影響があります。

歯が欠けたり、歯周病が進行したり、被せ物が取れたりなどトラブルの原因になる症状です。

今回は、自宅でもできる歯ぎしり改善のポイントを3つご紹介いたします。

 

歯ぎしりを自宅で改善する3つの方法


1. 寝る前の飲酒やカフェインは控えめに
飲酒によるアルコールは、体内で分解された後に交換神経を刺激する物質へと変わり寝つきが悪くなります。
また、カフェインにも興奮作用があるため寝つきが悪くなります。
寝つきの悪さは歯ぎしりの原因となります。

寝る前の飲み物としては、睡眠の質を高める栄養素が含まれているホットミルク、ホットココア、ハーブティーや白湯がオススメです。

 

2. 寝る前はリラックスした状態を保つ。ストレスを貯めない。

快眠ができていない状態、ストレスが溜まっている状態は歯ぎしりの大きな原因となります。
まずは、毎朝太陽を浴びて体内時計を整える、適度な運動をするなど、生活習慣を整えましょう。
また、スマホやパソコンも眠る1時間前には使用を控えリラックスした状態を保ちましょう。

 

3. 起きているときも歯ぎしりを意識的に抑える
寝ているときに歯ぎしりをしてしまう人は、起きている時でも知らず知らずのうちに奥歯をかみしめている場合があります。
噛みしめていることに気付いた時にはすぐに離すように意識することで、寝ている際の歯ぎしりを抑える効果があると言われています。

 

まとめ


いかがでしょうか?
今回は、自宅でできる方法を簡単にご紹介いたしました。

もし、歯ぎしりがどうしても治らず困っている方は、お気軽にTOYOクリニックまでご相談ください。