歯とスマホ

歯医者嫌いの方にも、安心して来ていただける歯医者を目指しています。
西新宿 歯科 TOYOクリニック院長の豊永です。

最近、メディアで「スマホ老眼」が取り上げられています。
長時間のスマホ操作で色々な症状が身体に起こるようです。
他にも「スマホ首」「スマホ指」「スマホ巻き肩」があるそうですが、これに関連して、
スマホをし続けることで、無意識に噛みしめてしまう「スマホ噛みしめ」に注目しています。

スマホを見ている姿勢で頭の角度が前傾しすぎると、頭の重さで、上下の歯列が自然に噛みしめ状態になってしまいます。

でもなぜ「噛みしめ」がいけないのでしょうか?
通常人は、上下の歯が接触している時間は1日24時間中20分ぐらいといわれています。無意識に噛んでしまう症状をTCH

(ティースコンタクトハビッツ)といい、1日に7時間以上噛みしめていらっしゃる方もいるそうです。

もともと歯を支えている歯周組織は咀嚼で食塊(ほほの筋肉や舌の絶妙な動きによって飲み込みやすい食べ物の塊)をつくります。

リズミカルで軽いタッチを反復することで、局所への血行を促し細菌の侵入に対しての抵抗力を増して、この弱い力が弾力性のある

健康な顎の骨を作り上げていきます。

噛みしめは、上下の歯が弱い力でも持続的な接触があると、周辺の毛細血管が消失してしまい抵抗力が減弱してしまいます。

このTCHの治療は、現在のところ、睡眠時以外は、自分の日常の動線の中に、「噛んではダメ!」のような

気づくような付箋を貼っておくことだとされています。

日常、何気なく行っているしぐさも、実は歯に大きな負担をかけているかもしれませんね。
まずは知っておくことが大切ですね。