歯垢と歯石の違いは何でしょう?

歯医者嫌いの方にも、安心してきていただける歯医者を目指しています。
西新宿 歯科TOYOクリニック院長の豊永です。
今日は、意外とご存知でない方が多い?!歯垢と歯石の違いについて書いてみたいと思います。

歯垢とは、歯の表面に付着する白くてネバネバしたものです。
たくさんの細菌がこのネバネバした物質に守られている状態です。
歯垢はまだ柔らかいため、歯ブラシでも簡単に取ることができます。

歯石とは、歯垢が唾液や血液中のリン、カルシウムと結びつき、固まったものです。
歯垢を長時間放置してしまうと、歯石になってしまいます。
歯石は硬くなっているため、歯ブラシでは取ることができません。
そして歯石が付着した状態のまま放置すると、歯周病や歯周病が進行する原因にもなります。
歯石かも?!と思ったら、すぐに歯医者さんへお越しください。
歯科ではスケーリング・ルートプレーニングという方法で、歯石を除去してくれますよ!