歯槽膿漏と糖尿病の関係

西新宿歯科TOYOクリニック院長の豊永です。

昨日は歯槽膿漏についてお話しましたが、
実は、歯医者さんで歯槽膿漏と診断されたことがきっかけで
ある病気が発見されるケースがあるんです。

そう、タイトルにあるように「糖尿病」です。
糖尿病にかかると、体の抵抗力が下がります。
抵抗力が下がるということは、
それだけ細菌などに感染しやすくなるということで、
歯周病にもなりやすいくなるんですね。

さらに糖尿病にはかかると、唾液の分泌が少なくなってしまいます。
口の中の細菌を洗い流し、健康な状態に保つのが唾液の役割ですから、
唾液が少なくなるということは虫歯にもかかりやすくなり、
歯槽膿漏も進行しやすくなり、バッドスパイラルになります。

お口の病は全身の病とも関連しているんですよ!
歯槽膿漏を侮るなかれ!

ぜひ気になったら、歯科医の門を叩いてくださいね!