歯茎が腫れた!自宅でできる応急処置

西新宿歯科TOYOクリニック院長の豊永です。

昨日は歯茎が腫れる要因についてお話しましたね。
今日は応急処置についてお話しましょう。

まず、歯茎に腫れを感じたら、「冷やす」ことが肝心です。
膿た溜まっていると、そのままにしておくとますます痛くなってしまうので、
冷やしたタイトルなどで冷やすことが大事です。

あとは、口の中を消毒することも有効です。
とはいえ、刺激が少ないうがい薬などを使ってください!
アルコールの入った口腔洗浄剤などは避けてくださいね。

そしてなにより大事なのは「体力の回復」。
歯茎の腫れなどは、体調がよくないときに出てしまうことが多いようです。
食事がしにくい状態かとは思いますが、
栄養をしっかり取って体力回復に努めてください。
そのために、痛み止めを飲んでも問題ないです。

休養と栄養とでしっかり養生することも
痛みをやわらげる応急処置になります。

とはいえ、
根本が解決しないと同じことの繰り返し。
ぜひ歯科医師にご相談くださいね!