虫歯になりにくい食べ方?!

歯医者嫌いの方にも、安心して来ていただける歯医者を目指しています。
西新宿 歯科 TOYOクリニック院長の豊永です。

虫歯になりにくい食べ方?!

美味しいケーキ~、美味しいチョコ~、美味しいデザート~

いっぱい食べたいですよね♪ 私も大好きです。(*^。^*)
甘いものを食べても、虫歯になりにくい食べ方があります。
それは、よく噛んで唾液を十分に出すことです。

1回30分、噛むことを目標に食べてください。
沢山噛むことで唾液を十分に分泌し食べ物が歯と歯の間に残りにくくなります。
軟らかい食べものだけだと咀嚼回数が減りそれだけ歯を洗い流す唾液量が少なくなり
その結果、プラーク(歯垢)がつき虫歯になりやすくなりますが、なるべく噛んで
味わってください。よく噛むことによって消化酵素を含んだドロドロの粘液性唾液と
洗い流す役目のサラサラの奨液性唾液のバランスが整ってプラークをつきにくく
してくれます。美味しいものですからお口の中にずっといれていても平気ですよね(笑)

また唾液の中の成分に虫歯になりにくい成分も多く含まれています。
お口の中の酸性・アルカリ性バランスを維持する役割を唾液が担っているのです。
お口の中は食事をすると酸性が強くなります。それをもとに戻すのが唾液の緩衝能です。

お口の中が酸性のままだと、歯を酸が溶かして虫歯になりやすくなります。
唾液を十分に出して、酸性からアルカリ性に戻してください。
ただ、この唾液の緩衝能も個人差があります。

今日から、甘くて美味しいものを食べるときは、なるべく沢山かんでください。
そして勿論、歯を磨くことはお忘れなく。

15分検診、ぜひお待ちしております。