虫歯になりやすい子どもなりにくい子どもの差は身近な大人にあった?

西新宿歯科TOYOクリニックの豊永です。

プレママと歯科の関係のBlogも3日目。
妊娠中から虫歯治療をしておく必要性についてお話しましょう。

最近、よく言われるようになりましたが、
生まれたばかりの赤ちゃんのお口のなかには虫歯菌はいません。

だから虫歯菌があかちゃんにお口に中に入る機会をできるだけ少なくしてあげることが
将来的にお子さんの虫歯を防ぐことにつながります。

しかも虫歯は一度かかると再発しやすくなるため、
お口の健康を損ないやすくなってしまいます。

まずは、妊娠中にママはもちろん、
パパ、じいじ、ばあばになる予定のみなさんは、
お口の中の虫歯菌を退治しておきましょう。

大事な大事なお子さんの歯の健康は
実は身近な大人のみなさんの努力が影響しているんですよ!

ぜひ、当院で検診をして虫歯を治しておきましょう。