黄金の治療の始まりは??

西新宿歯科TOYOクリニック・院長豊永です。

今日は、歯科治療の始まりついてお話しをしたいと思います。
とっても古い話になりますが、お付き合いください。
実は古代エジプトのミイラから幾つかの治療痕跡がでているそうです。
歯槽膿漏の痕跡は、BC4000年頃のミイラからが見つかっています。
なんと、黄金の詰め物はBC2000年~3000年頃のミイラから見つかりました。
BC1700年頃のエジプトで書かれた『パピルス・エーベルス』という本の中には、歯の治療法についての記述があります。

栄華を誇ったファラオたちも
虫歯の痛みと戦ったのでしょうね。
あのころは麻酔もなかったので、さぞや痛かったことでしょうね。

みなさんは痛みなく治療ができますから、
ぜひTOYOクリニックまで!