目的別歯ブラシの選び方~歯周病編

西新宿歯科TOYOクリニック豊永です。

昨日に引き続き歯ブラシの選び方についてお話をしましょう。
今日は歯周病に効果を発揮する歯ブラシの選び方でしたね。

歯周病の人は歯茎が弱っている可能性が高いので
歯茎にやさしいタイプを選びたいものです。

すなわち、毛の硬さは「やわらかめ」、毛の細さは「ほそめ」、
毛のカットは「先が丸くなっているもの」がオススメ。
今は「極細毛」タイプも出ていますが、弱っている歯茎を
かえって痛めてしまうこともありますからご注意ください。

歯茎をいたわり、マッサージしながら、
口腔をキレイに保つ、そんな歯ブラシを選ぶなら、
上記を参考にしてみてくださいね。

それから、歯ブラシはこまめに取り替えてくださいね。
だいたい1カ月が目安と言われますが、
毛先が開いてきたなと思ったら変え時。

だめになった歯ブラシはきちんと磨けませんから、
きちんとした歯ブラシを使うことが効果を最大限発揮することになりますよ!

今日もランチの後、歯磨きしてくださいね!